坂本よしたか0円でも億万長者とは?part21

会社まで出勤する時に僕は毎日電車を使っています。電車で移動する際に盗み聞きをするのがすごく好きです。こないだもカップルが話していました。彼女『ワンス アポン ア タイムって何時だっけ?』彼氏『20時ぐらいじゃね?』彼女『抽選とかって今から行って間に合うのかな?』彼氏『大丈夫でしょ?おれ運いいし』彼女『運良かったっけ?』彼氏『運でここまで生きてきたようなもんだから』彼女『ウケる』ウケる?でもウケてました。さらに彼女『ディズニー入ったら走ろ』彼氏『走る!?』彼女『嫌だ?』彼氏『まあちょい走りだね』彼女『(笑)』ウケる?すごくツボがわからなかったです。こういう盗み聞きすると会社までがあっという間ですのですごく楽しいですね。別日でこんな盗み聞きもしました。小さな女の子が電車で『名探偵コナン』を読みながら言葉の意味をお母さんに聞いていました。女の子『ねえ、お母さん?短気ってどういう意味?』お母さん『すぐカッとなるって意味。みきちゃんみたいな事』女の子(たぶんみきちゃん)『ふーん、……短気』これはさすがにみきちゃん傷ついたと思います。盗み聞きこれからもしていきます。あと盗み聞きの他に電車の時間があっという間なのは、やはり読書ですね。夢中になればなるほど、その本が面白いというのがわかります。なので本屋に行くことが日課になり、ある日タイトルが気になってすぐに手に取った本があります。それは坂本よしたかさん著書の「0(ゼロ)でも億万長者~非常識な3つの稼ぎ方~」(アイバス出版)です。タイトルにまず興味を持ちました。帯の言葉にも僕はびっくりしてしまいました。【貯蓄0から1億円!なぜ、私は0でも成功できたのか?】0から1億円!??もともと投資額があって、裕福な人が稼げるお仕事ではなく、0から億万長者?と思いました。この坂本よしたかさんという方に特別な才能があって、人より優れている箇所がたくさんあるのでは?と思いましたが、ぺらぺらめくっているとそうでもないような書き方をされていまして、すんなり心に入りました。だれでも億万長者になれます。と。やってることは誰にでも出来ます。と。そう書いてあるのです。これも巡り巡った勇気のチャンスです。僕は最近結婚をしました。そして子供も出来ました。ですが、いかんせんサラリーマンだけでは一生僕は大金持ちにはなれず、子どものために贅沢をさせてやる事も出来ません。そんなのは少し寂しいのです。子供のためにお金も貯めたい、親にもいつかは世界旅行でもプレゼントしてあげたいなどと思って新たに副業を探してる最中だったのです。なにから手をつけていいのかすら、わからず途方に暮れていたぼくにはこれは良い機会だと思って、早速レジに本を持って行き購入してみました。電車で読んでもあっという間に目的地に着いたので、これはみなさんに是非お勧めしたいですね。もうそれはそれは、有り難い言葉しかありません。自分自身にズシンと来ます。しかも、この坂本よしたかさんは僕とさほど年齢も変わりません。転売ビジネスは初心者の方が特に参入しやすい部類でもあるらしく、商売の基本【安く買って高く売る】という、とてもシンプルな稼ぎ方だからというのです。他の職業のような特殊スキルは一切必要ありませんと、坂本よしたかさんは仰ってます。でも転売ビジネスを経験してたから、転売ビジネスの能力が高かったからだろうと僕は半信半疑でこの本を読み始めました。でも坂本よしたかさんは、「借金地獄から這い上がったきっかけは転売ビジネスがスタートです。それまで、転売ビジネスなど一切やったことが無いところから億の売上を叩き出すまでになりました。個人で転売ビジネスをしてサラリーマンの給料を稼ぐ程度ならそこまでの売り上げも必要はないでしょう。現時点で将来に不安を感じていらっしゃるのであれば私は転売ビジネスをオススメします。」ここまではっきり言われると、すごく信頼してしまいます。未経験者の僕でも転売ビジネスやってみようとさえ思えるこのすんなり入ってくる文章。「成功のチャンスは誰にでも存在します。全ては【知っているか知らないか】と【やるかやらないか】の行動だけで、その後の人生が大きく変わります。後は、あなたの本気度次第です。強く成功を望めば、その思いは必ず実現します。人間には、素晴らしい能力が備わっています。思ったことを実現させてしまう能力です。どんな思いであろうと、本当に心から強く思うことができれば、必ず実現します。たとえば【理想の生活があるけれど、叶うわけがないよね】と思う人は、本当に叶いません。【叶うわけがない】という願いが叶っています。思ったとおりのことが、実現しています。【理想の生活がある。きっと叶うよね。】と思うだけでも、まだ足りません。先ほどより前向きな表現ですが、詰めが甘いです。【きっと】という半信半疑の表現が含まれています。心の内で【叶わないかもしれない】という本音があるため、疑いのとおり、夢が叶いません。もっと断定した強い思いを抱くことが必要です。【夢がある。必ず実現する。実現しないはずがない。】です。一切の疑いもなく、心の底から、完全に信じてしまうのです。本当に叶うことを信じ切ることができれば、必ず叶います。」ここまで成功した人にハッキリ言われると、絶対そうなのでしょう。僕は【これ、本当に大丈夫なのかなあ?】と常に半分くらい不安な状態で臨むことが多いです。なので、確率も半半なんだと思わず納得してしまいました。やはり、断言して、有言実行かならずすると言い張ってた方が必ずうまくのもわかります。「夢に向けた行動が当たり前になるため、日々、理想の実現に向けた行動をするようになります。努力も苦労も恥もあって、当たり前と思えるようになります。失敗しても、諦めないのが当たり前になります。本当に思いを強く抱けば、夢に向かった行動が繰り返されます。時間はかかりますが、ゆっくり理想に近づけます。その結果、本当に叶うのです。私たちは、この素晴らしい能力を、もっと活用すべきです。素晴らしい能力があるにもかかわらず、活用しないのは、宝の持ち腐れです。今の人生や将来、時間やお金への不満不安を解消したい。もっと豊かな人生を送りたい。と是非、強く願ってください。今の時代はその願いが叶いやすい時代でもあります。人生はあなたが思い描いた理想のとおりになります。思いは、必ず実現するのです。」もう、これは無駄なことが1つもありません。何かにチャレンジする人、すべての方に絶対に当てはまります。何年も続けてるともしかして向いてないのかも?とか、やり方が違うのかも?と不安や疑問に思って、弱気になったりすることも多々あります。最初は意外にもうまくいき、途中から伸び悩み、そこから下降気味になったりする時もあります。あとから始めた人の方が早く結果が出て、全く自分自身の結果が出ずに、焦ってしまうときもあります。焦って、焦って、大事な人にあたってしまい、自分を見失い、結局何も残らず、無くなってから、大事な人の有り難みがわかることだってあります。やはり、何かを続けたりする時には、心が折れそうになったり、当初の自信がなくなったり、帰り道がわからなくなったり、それでもなんとなく続けている時もあります。でもこの坂本よしたかさんのような、強い信念は必要なんだと改めて思いました。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です