坂本よしたか0円でも億万長者とは?part7

第十三回  坂本よしたか「0円でも億万長者」

先日こんなことがありました。僕は清掃のバイトをしております。たまにですが車の運転をさせて頂く事もあります。地元名古屋にいる時は毎日のように運転をしておりましたが、東京に来てからは10年前ぐらいに1度したぐらいです。しかもその10年前の時は道がわからずUターン禁止の道でUターンしてしまい、すぐに警察に捕まりました。何とか助けて貰おうと懇願しました。その時ちょうどゴールデンウィークだったので『今はUターンラッシュなので勘弁してください』とお願いしました。無視されました。それから運転をしていないので、東京の道は全くわかりません。こないだも現場に向かってる最中1人で運転していた僕は細い道に突き当たってしまい停車しながら迷っていました。すると運転席側の窓からバンバン!と音がしました。びっくりして窓を見るとジョギングウェアを着たおばちゃんがいました。窓を開けて『何ですか?』と尋ねたらおばちゃん『この先は行き止まりだよ!あなたどっち行きたいの?』と聞かれました。僕『甲州街道で調布方面です』と答えたら、おばちゃんが助手席側に回り窓を叩いてきました。ん???怖いです。勇気を出して助手席側の窓を開けたらおばちゃん『連れてってあげるから助手席乗せて!』まさかでした。初対面のおばちゃんを、会って数秒のおばちゃんを車に乗せる勇気は無かったです。僕は『すみません、それは結構です』怖かったので、はっきりと断りました。続けておばちゃんが『じゃあ道を教えるから覚えて』親切にも道を教えてくれることになりました。最初からこれで良い。おばちゃん『この道を左に曲がってまっすぐ行ったらクリーニング屋があるから、そこを右に曲がってその後すぐに左ね。そしたら踏切があるからそれを越えたら左、しばらくしたら道に突き当るから、、、』僕『すみません、ちょっと覚えれないです』そしたらおばちゃんが『やっぱ助手席乗るからドア開けて!』恐怖でした。僕が悪いのかおばちゃんが悪いのかわかりませんが、とにかく恐怖でした。『もう本当に大丈夫です!!すみません!ありがとうございました!!』と逃げるように車を発進させました。徐行運転しながらバックミラーでおばちゃんを見たらバス停のベンチに座ってました。ちょっと勝手な想像ですが、想像したら怖くなりました。おばちゃんはジョギングで疲れてしまい、家まで走って帰るのが面倒臭くなった。そこに迷ってる車を見つけ、行き先を聞いたらたまたま自分の家の方面。親切なフリをして家の近くまで乗せて貰おうと企む。断られたので諦めてバスで帰る。もっと怖くなりました。そんなことはさておき、僕は清掃業だけで家族を養っているのですが、限界を感じています。なにか他に副業でもしないとと、思い、本屋さんに寄って何か始めようかなと色々見ていました。すると一冊の本に目がいきました。それは坂本よしたかさん著書の「0(ゼロ)でも億万長者~非常識な3つの稼ぎ方~」(アイバス出版)です。タイトルもそうですが帯の言葉にも僕はびっくりしてしまいました。【貯蓄0から1億円!なぜ、私は0でも成功できたのか?】0から1億円!??もともと投資額があって、裕福な人が稼げるお仕事ではなく、0から億万長者?と思いました。この坂本よしたかさんという方に特別な才能があって、人より優れている箇所がたくさんあるのでは?と思いましたが、ぺらぺらめくっているとそうでもないような書き方をされていまして、すんなり心に入りました。だれでも億万長者になれます。と。やってることは誰にでも出来ます。と。そう書いてあるのです。これも巡り巡った勇気のチャンスです。僕はまだまだ独身ですし、結婚もまだまだ未来の話ですが、いかんせん清掃業だけでは大金持ちにはなれず、新たに副業を探してる最中だったのです。なにから手をつけていいのかすら、わからず途方に暮れていたぼくにはこれは良い機会だと思って、早速購入してみました。中でも気になった項目があります。それはこちらです。【13 カード資金がなくても大丈夫!】メルカリは以前やった事があります。転売ビジネスとしてではなく、自分のいらなくなったものをお小遣い程度の額を手に入れるためにやっていました。この本ではメルカリも転売ビジネスのチャンスだと書いてあるのです。考えもしてなかったですね。しかもメルカリは、メルカリ内でなら、売上金をそのまま仕入れ資金として使えるというのです。ようはその都度、カード支払いや現金払いじゃなくても成立するらしいです。「メルカリでは、商品を販売した売上金を一時的にメルカリ運営側がプールし、振込申請をすることでこれを現金として引き出すことができます。そしてメルカリではこの一時的にプールしてある状態の売上金で商品購入をすることも可能となっています。」売上金で売上金による決済ができるなんて、素晴らしいシステムですね。「販売でも購入でもメルカリを普段から利用しているならば現金の出し入れが無い分手間も減りますし、一定額以下の売上金を振り込んでもらおうとすると手数料を取られますのでそのようなときには非常に便利な決済方法です。」「売上金による支払いは【全額を売上金で支払う】こともできますし、【一部を売上金で支払う】こともできます。一部を売上金で支払う場合には他の支払い方法で残額を支払うことになります。一部を売上金、さらに一部をポイント、残りをコンビニ決済というような支払い方もできます。全額を売上金で支払う場合には手数料は一切かかりません。また決済も注文完了と同時に完了します。」今までメルカリでは出品した商品が売れたら、それの合計額が1万越えてから引き出してました。手数料がかからなくなってから引き出すようにしてました。メルカリ内での売上金で他の方が出品してる商品を購入したことがなかったので、それの意味がやっとわかりました。その売上金で商品を購入して、それを転売する発想は僕には全くなかったので目からうろこでしたね。資金が0でも売上金から商品を購入できるってことなんですね。この本は本当にわかりやすく説明されていて本当に勉強になりますね。坂本よしたかさんの本をスラスラ読めてしまいます。「Amazonで購入すると何万円もする物がメルカリでは個人の価値で出品価格が決まるので、とんでもなく安い値段で販売していることがあるのです。それをメルカリ内で見つけ、再度適正価格にて販売することも可能ですし市場の価格より特価だとわかるものを組み合わせてセット売りすることも可能なのです。メルカリでは売上金を、そのまま仕入れに使うことが可能なので売上げた資金の使い方や考え方次第で資産を無限に拡大できる可能性があるということです。」メルカリ内でたしかに本屋で売ってる額より半額くらいの額で出品されてることも多々ありますね。読んだ後にチェーン店に売りに出すよりメルカリで出品した方が高く売れて、需要もあるのがわかります。僕も清掃だけで家族を養っていくのも限界があるので、メルカリでもっと勉強して転売ビジネスやってみようと思います。転売ビジネスで0から億万長者になれると思い込んで、変な先入観などにとらわれず、情報と知識を得てメルカリに挑んでみます。まずはなにが必要とされてるか、流行を勉強するところからですね。坂本よしたかさんの本、オススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です