坂本よしたか【マイニングとは?】

坂本よしたか【マイニングとは?】

仮想通貨で稼ぐ方法マイニングとは?

坂本よしたかです。仮想通貨は買う時代から貰う時代へ入りました!

というのも「マイニング」という手法で仮想通貨を貰えるようできるからなんです。

今回は、そもそも「マイニングとはなんだ?」というところからビットコインを例に用語を解説します。

ビットコインは、一定期間ごとに、すべての取引記録を取引台帳に追記します。

その追記の処理には、ネットワーク上に分散されて保存されている取引台帳のデータと、追記の対象期間に発生したすべての取引のデータの整合性を取りながら正確に記録することが求められるのです。

その整合性を取る作業はコンピューターによる計算で実現できるのですが、膨大な計算量が必要となります。

分散されて保存されている1つの大きな取引台帳のデータも、追記対象の取引のデータも、すべてを正確に検証してから追記しなければならないのです。

そこで、ビットコインはこの追記作業に有志のコンピューターリソースを借りています。

余っているコンピューターの計算能力を借りることによって、膨大な計算を行い、みんなで共有する1つの大きな取引台帳に追記を行っているのです。

この追記作業の手伝いをしてくれた人、追記作業のために膨大な計算処理をし、結果として追記処理を成功させた人には、その見返りとしてビットコインが支払われます。

つまり、追記作業を手伝ってビットコイン全体が健全に運用されるようにがんばってくれたことへの報酬として、ビットコインが支払われるのです。

この新規発行に至る行為を「採掘(マイニング)」と呼ばれています。

通貨としてのビットコインの新規発行は、この採掘(マイニング)を通じてしか行われません。そのため、ビットコインの発展を信じる人達が、次々と採掘活動(=1つの大きな取引台帳の更新作業)に力を注いでいるのです。

その採掘活動をするひとびとをマイナーと呼びます。

また、ビットコインの発行総量は、2140年までに2,100万 Bitcoin とされていて、それ以降は新規に発行されることがありません。

今回の記事は以上になります。基本は理解しましたか?

仮想通貨最新情報を知りたい方は、坂本よしたかのメルマガに登録へ
↓↓↓
最新情報を受け取る

マイニングカテゴリの最新記事