ビットコインキャッシュについて坂本よしたかが徹底解説!

ビットコインキャッシュについて坂本よしたかが徹底解説!

【ビットコインキャッシュについて坂本よしたかが徹底解説!】

坂本よしたかです。ビットコインキャッシュは、2017年8月のビットコインのハードフォークによって誕生しました。

このビットコインキャッシュとビットコインは、何が違うのかがよくわからない人もいるようです。

今回は、この2つの違いも含めてビットコインキャッシュについて詳しく解説いたします。

取引処理に遅延が生じるビットコインの問題点を解決できるというのが、ビットコインキャッシュ最大の特徴です。

ビットコインのブロックサイズは1Mに制限されていますが、ビットコインキャッシュは8Mです。

処理速度が遅すぎると言われたビットコインの問題点をクリアするには、十分な容量と言えるでしょう。

ハードフォーク時には、ビットコインの発行量と同じ量のビットコインキャッシュが発行されました。

価格についてはビットコインの数十分の一程度で推移していますが、将来的に有望な仮想通貨と言われています。

ビットコインキャッシュは発行後すぐに大暴落期を迎えますが、これはマイニングの難易度が高かったことが原因です。

マイナーにとって利益が得にくい仮想通貨として敬遠されたため、発行当初は価格を大きく下げます。

しかし、ビットコインキャッシュの特徴の一つとしてマイニング難易度調整があります。
特定の期間内に一定数以上のブロックが見つからなければ、マイニングの難易度が自動で調整されるということです。

これによってビットコインよりもマイニングの効率が上がるという点が評価され、多くのマイナーが参加するようになりました。

ビットコインキャッシュには、発行のきっかけともなったビットコインの処理速度の遅さをカバーするという強みがあります。

今後、仮想通貨は投資目的だけでなく日常的な買い物などへの利用も増加すると考えられています。

その際に必要なのが、ビットコインキャッシュの処理速度の早さです。

現時点では、まだまだビットコインから派生したコインという認識なのは事実。

しかし、実際にはビットコインとビットコインキャッシュは全く別物だという投資家も少なくありません。

実際にビットコインから、ビットコインキャッシュへと投資の比重を大きく変えた人もいます。

ビットコインキャッシュは最初から相当量が流通しているのもメリットと言えます。

ビットコインは価格が上がり過ぎて手が出ない人でも、ビットコインキャッシュは購入しやすい仮想通貨です。

時価総額でも上位にいるので将来性、安全性についても心配はなさそうですね。

坂本よしたかの見解では爆上げのポートフォリオに入れておくのも手ではと考えています。
ご参考までに。

今回の記事は以上になります。

仮想通貨の徹底的な情報が欲しい方は、坂本よしたかのメルマガに登録へ

仮想通貨カテゴリの最新記事