仮想通貨メイドセーフコインの特徴

仮想通貨メイドセーフコインの特徴

仮想通貨メイドセーフコインの特徴

坂本よしたかです。日常的に使うために作られた仮想通貨とは違う側面を持つ通貨、メイドセーフコインについてお話します。

このコインはシステムなどわかりにくい点も多いのでその点を徹底解説いたします。

メイドセーフコインは、サーバーを介さずに端末同士がやり取りをするMaidesafeというシステムを支援する仮想通貨です。

P2Pと呼ばれるこの技術は普及率の高いSNSアプリでも利用されているものです。

世界中にあるコンピューターの多くは、そのメモリやHDDなどを常時全て利用しているわけではありません。

利用されていない部分を少しずつ借りてアプリを起動させたり、プログラムを作ったりというのがP2Pの考え方です。

ひと言で言えば、世界中のコンピューターがMadesafeによって繋がるイメージです。

巨大で処理能力の高いサーバーを使う必要がなくなり、全てのコンピューターが協力し合ってシステムを動かすことになります。

メイドセーフコインはMadesafeの開発段階で流通する通貨で、システム完了後はsafecoinに交換できる予定です。

現時点ではメイドセーフコインを使うことはできず、safecoinに交換できるまで保有し続けるしかありません。

将来的な投資の側面が高いと呼ばれるのは、こうした仕組みのせいでしょう。

また、開発状況については見通しがクリアになっているとは言えず、完成予定も立っていないのが現状です。

しかし、Madesafeのシステムに期待する声は多く、実際にメイドセーフコインの市場価格も上昇しています。

Madesafeが実行されれば、安全なネットワークシステムが構築できると言われています。

これは不特定多数の人のコンピューターにデータが断片化、暗号化されたのちに送られるからです。

ハッカーに狙われるサーバーが存在しないため、強固なセキュリティを誇るシステムになると言えるでしょう。

また、システムが完全に構築された場合の利用価値は無限とも言われます。

これまでのところ、Madesafeが完成しメイドセーフコインをsafecoinに交換できるという確かな保証はありません。

そのため、仮想通貨で利益を上げたいという人よりは、システム開発に協力したいという人向けの仮想通貨だと言われています。

将来のシステム利用権を手に入れておきたいという人なら、メイドセーフコインへの投資は十分な価値を生むでしょう。

開発状況などをしっかり把握したうえで判断することが大事です。

今回の記事は以上になります。
仮想通貨最新情報を知りたい方は、坂本よしたかのメルマガに登録へ

メイドセーフコインカテゴリの最新記事