仮想通貨を連結させる特殊仮想通貨エイチシェアの特徴

仮想通貨を連結させる特殊仮想通貨エイチシェアの特徴

仮想通貨を連結させる特殊仮想通貨エイチシェアの特徴

坂本よしたかです。仮想通貨の種類といえば草コインと呼ばれるものを全て含めると1000種類以上あります。そのそれぞれの通過を連結させる目的で生まれたのがエイチシェアです。

今回は様々な仮想通貨の特徴を併せ持つ新しいタイプの特殊な仮想通貨エイチシェアについて、詳しくお伝えします。

エイチシェアは将来的にエイチキャッシュと名前を変える予定の仮想通貨で、将来的にはエイチキャッシュに名称が統一されます。

エイチキャッシュが正式にリリースされた後はエイチシェアと交換が行われる予定です。

先進的な技術を多く実装するエイチキャッシュは開発に時間がかかっており、その間はエイチシェアが発行されることになります。

現在のエイチシェアはベータ版とも言えるものであり、バグを完全に潰した最終版のリリース時期はもう少し先になりそうです。

しかし、エイチキャッシュの将来性に期待する人も多く仮想通貨全体の市場が下げ相場の中でも暴落はしていません。

エイチシェアは数多くある仮想通貨との互換性があるという特徴を持っています。

これまでの仮想通貨は、同じシステムを使用する仮想通貨同士でしかやり取りできませんでした。

エイチシェアでは使用されているブロックチェーンが異なったとしても、情報のやり取りが可能になるということです。

既存の仮想通貨に使われている複数のシステムを採用し、こうした技術を実現させたのがエイチシェアです。

特徴として、マイニングの承認アルゴリズムについてもPoWとPoSの2つを採用しています。

マイナーにとっては技術か仕事量、保有量のいずれかがあれば報酬が受け取れるというメリットがあります。

エイチシェアの開発の遅れは市場価格に多少の影響を与えていると言えます。

しかし、独自性の高い特徴を持っているだけに全ての機能が実装されれば仮想通貨が抱える多くの問題の解決にもなります。

そうした点から見ても、エイチシェアの将来性はかなり高いと言えるのではないでしょうか。

2018年2月を予定していたエイチシェアからエイチキャッシュへの交換時期は、延期が発表されたままです。

実装予定の機能が多すぎ、目標が高すぎて実現しないのではという人もいるようです。

ただ、期待値の高さについては交換延期が発表されてから急激に低下したわけではなさそうです。

すでにエイチシェアを保有している人たちの様子見がいつまで続くかが、価格を大きく左右するのではといったおところです。

エイチシェアがエイチキャッシュとして正式にリリースされれば、仮想通貨の世界がさらに拡がりそうです。

実装の時期が発表されれば、価格も大きく変動すると考えられるのではないかと思いますのでその際には着目すべきですね。

今回の記事は以上になります。
仮想通貨最新情報を知りたい方は、坂本よしたかのメルマガに登録へ
↓↓↓
最新情報を受け取る

仮想通貨カテゴリの最新記事