坂本よしたか【仮想通貨とエイベックス】

坂本よしたか【仮想通貨とエイベックス】

坂本よしたかです。

エンターテイメント業界では、最大手のエイベックスが仮想通貨事業参入を表明しました。
決済として使用するだけでなく仮想通貨交換業も手掛けるとされており、今後の動向にも注目が集まっています。

多くの人気アーティストを擁するエイベックスが目指すのは、未来志向型エンタテインメント企業です。
今回の仮想通貨事業参入のために100%子会社としてエンタメコイン株式会社を設立予定です。
主な事業内容には電子マネーの発行、決済システムの提供及び仮想通貨交換業が挙げられています。
この他楽曲やグッズの販売、ファンクラブ運営などのサービスにブロックチェーンを活用する予定もあるようです。
これらのシステムは2019年をめどにエイベックスグループや関連する芸能事業関係者向けに提供される予定です。

エイベックスではフィンテック分野への進出を積極的に行っており、先ごろメタップスとの合弁会社も設立しています。
またバーチャルリアリティや拡張現実、ライブ配信などでの事業拡大も表明しています。
こうしたサービスやコンテンツと仮想通貨との親和性の高さについて期待する声は少なくありません。
業界のトップを走るエイベックスが参画することで、追従する企業が増えることも期待できるでしょう。
また充実したコンテンツの提供や利便性の向上は、アーティストにとってもユーザーにとっても利益は大きいはずです。
海外では、エンタメコインと類似するサービスを提供するプロジェクトは多数存在します。
国内でもこのようなサービスや、プラットフォームの普及については十分に可能性があるでしょう。

定款には仮想通貨交換業が追加されていますが、こちらについては参入検討段階とされています。
将来性の高い仮想通貨分野への参入に意欲的な企業は数多くあります。
大手企業が市場に入ることで、安心材料となるという点ではメリットになるでしょう。
ただし、全く違った業種からの参入について疑念を持つ投資家もいるようです。
実際これまでに参入を表明しながら、審査の厳しさやリスクを考慮して断念した企業もあります。
エイベックスの仮想通貨事業がどこまで広がりを見せるのか、成功するのかによって他企業の動向も変わってきそうです。

仮想通貨がエンターテイメント業界と結びつけば、一般への認知度を急速に高めることが可能でしょう。
エイベックスの新たな事業が、仮想通貨市場に与える影響は決して小さくないと考えて間違いなさそうです。

最新仮想通貨情報は坂本よしたかまでご連絡ください。

坂本よしたかカテゴリの最新記事