坂本よしたか【ネムについて】

坂本よしたか【ネムについて】

坂本よしたかです。

ネムと言えばコインチェックの流出事件を思い出す人も多いでしょうが、通貨自体に問題があったわけではありません。比較的手ごろな価格で購入できるため、アルトコインが初めての人にもお勧めできるコインです。

ビットコインの2100万枚前後という発行数に比べると、ネムは90億枚前後と圧倒的な発行枚数を誇ります。
またマイニングではなく、ハーベスティングで報酬を受け取る仕組みを採用しています。
一定の単位以上のネムを所有していれば誰でも行えることから、マイニングよりも手軽に報酬を得ることが可能です。
特別な機材を必要としないため個人でも始めやすい点が、ビットコインとは大きく異なる点でしょう。
ピーク時よりも大幅に値を下げていることから、資金が少なくても参入しやすいと言えます。

流出事件のせいで、ネムは危険な通貨というイメージを持つ人もいます。
しかしよく調べてみると、セキュリティ対策がしっかりとなされた通貨であることがわかるはずです。
仮想通貨が初めての投資だった初心者の多くは、流出事件をきっかけに手放してしまったかもしれません。
ただ投資家の中には絶好の機会と見て、投げ売りされたネムを購入した人もいます。
本当にネムのシステムに問題があったのであれば、投資家が手を出すはずもないでしょう。
取引所のセキュリティの甘さが原因だと明らかになったからこそ、投資対象として保有し続ける人がいるということです。
印象に惑わされず、しっかりと投資対象を見極めることが大事です。

ネムの動向に大きく影響すると考えられるのは、カタパルトの実施です。
大規模なアップデートでもあるカタパルトが行われれば、処理速度が格段に向上されます。
送金処理の早さが特徴のリップルをも上回るとも言われており、実装に期待する人も少なくありません。
またイーサリアムの技術である、スマートコントラクトの利用も可能になると言われています。
2017年後半にベータテストが開始され、2018年1月にはオープンソースが公開されました。
今後、一定の利用期間を経て実装が予定されていますが、正式な時期についてはまだ公表されていないようです。
2018年中とも言われるカタパルトの実施は、ネムの今後を大きく左右する重要なイベントと考えて良さそうです。

一時は風評被害によって大きく値を下げたものの、根強い支持があるのもネムの特徴です。
通貨としての機能は高く評価されているので、今後も価格の上昇は期待できるでしょう。

坂本よしたかのメルマガはこちら

坂本よしたかカテゴリの最新記事