坂本よしたか投資情報【ファステップスが大幅続伸!!】

坂本よしたか投資情報【ファステップスが大幅続伸!!】

坂本よしたかです。香港に続いて、シンガポールに仮想通貨取引所を開設する計画があると発表したのが株式会社ファステップスです。
この発表は取引市場でファステップスの好材料として受け止められ、大幅の続伸につながっています。

株式会社ファステップスは、スマートフォンアプリの開発などを手掛ける企業です。
同社は2017年の臨時株主総会で仮想通貨取引所のシステム開発について発表し、子会社が取引所を運営していく方針を明らかにしました。
こうした計画に沿ってファステップスは動き始め、子会社ビットワンは4社合弁で香港に仮想通貨取引所を設立しています。
設立された取引所はBitOne Trade HKという名称で、当初の予定より遅れたものの、2018年6月に取引所の運営を開始しました。
とは言っても、BitOne Trade HKは香港居住者向けの取引所ですから、日本居住者は口座開設を申し込みできないので注意してください。

仮想通貨取引所のBitOne Trade HKが運営を始めた一方で、2018年7月30日にファステップスはさらなる発表を行いました。
内容は主に2つあり、そのひとつはシンガポールにて仮想通貨取引所開設に向けた準備を始めるといったものです。
もうひとつは、税制の優位性などを踏まえて、仮想通貨取引所における運営事業の組織再編を行うことになっています。
このような発表が注目を集めた結果として、取引市場で大幅の続伸が起きましたので、関連するニュースを目にした人は多いかもしれません。
シンガポール進出を選んだ理由では、開発した取引所システムを流用できることや、法制度上で許認可が必要無いことを取り上げています。
加えて、仮想通貨の規制に関しても判断基準に含まれ、シンガポール進出によってカントリーリスクの低減を目指すとしています。
また、具体的なスケジュールは未だ検討段階としながらも、ファステップスは2018年末の取引所開設を目標に掲げました。
なお、実際に取引所開設のために準備を進めていくのは、ファステップスの子会社ファステップスシンガポールになるとのことです。
計画を進めるにあたって、手始めにファステップスシンガポールへの株式譲渡を発表しています。

ファステップスは仮想通貨取引所のBitOne Trade HKを開設済みですが、続いてシンガポールでの取引所開設を念頭に動き出しています。
株価は大幅に続伸しましたし、シンガポール進出に対して投資家から高い関心が集まっているといえるでしょう。

仮想通貨参入情報を知りたい方は坂本よしたかメルマガ登録してください。

坂本よしたかカテゴリの最新記事