坂本よしたか情報②「アルボス」

坂本よしたか情報②「アルボス」

あけましておめでとうございます。坂本よしたかです。

仮想通貨の中でも競合が最も多い決済系です。 その決済系で注目を集めるのが、アルボスというコインです。 ここではアルボスの特徴を紹介してみましょう。

アルボスが決済系仮想通貨の中でも注目されるのは、その決済にかかるまでの時間です。 独自のブロックチェーンを利用することで、1秒で決済できるとしています。 この数字が実現できれば、決済系ではトップクラスの水準を有することになるでしょう。 独自の技術はダイナミックプライベートブロックチェーン、と呼ばれるものです。 1つ1つのブロックの中に、確認できる証人とその保証をする連鎖を用意することで、見えない証人の群れが次々と内容を保証していくという仕組みになります。 このシステムを利用することで、従来よりも決済にかかる時間を大幅に減らすことができる、とのことです。

さらにアルボスの決済システムの特徴としては、メディエーターコインを使っている点です。 メディエーターとは、日本語にすると仲介人の意味になります。 従来のクレジットカードでは、決済をするとシステム会社が仲介人の役割を果たしていました。 しかし、アルボスではその役割を自身で担うという形です。 日本国内では消費税が10%に上がる予定ですが、クレジットカードで支払うとポイント還元をする案がでています。 このニュースがでた時に、問題点として指摘されたのが手数料です。 商品を販売する業者は、クレジットカードの手数料を支払わなくてはいけません。 これを仮想通貨にすることで、手数料を軽減できるとするのがアルボスの特徴でもあるのです。

さらにアルボスが魅力と言えるのが、ウォレットの提供をする点でしょう。 アルボスセーフボックスという機能なのですが、この中に入っている仮想通貨が盗まれた場合は、保険会社が保証をしてくれるという内容になります。 日本国内だけではなく、海外でも仮想通貨がハッキングにあう事件はよく起こっているのが現状です。 万が一の時のことを考えると、こうした保証がついているセーフボックスがあるのは大きな魅力になるでしょう。 逆に言えば、保証がつけられるほど、セーフボックスのセキュリティには自信があると考えられます。 決済系の仮想通貨において保証がついているのは、投資家としても安心できる材料でしょう。

決済系の仮想通貨でも注目を集めるアルボスについて、紹介してみました。 決済までのスピードや、独自のブロックチェーン技術、保証のついたウォレットなどに魅力を感じる人も多いのではないでしょうか。

坂本よしたかの仮想通貨情報はメルマガへ
仮想通貨最新情報を集める

坂本よしたかカテゴリの最新記事