red cross exchange

red cross exchange

こんにちは。坂本よしたかです。
red cross exchangeは、アゼルバイジャン共和国にある仮想通貨取引所です。
国内で初めてとなるライセンスを取得し、プレ期間を経て2018年11月にオープンしました。
今まで利用していた仮想通貨取引所で結果が出なかった投資家は、新たに登録してみると良いでしょう。

red cross exchangeが正式にオープンしたのは2018年11月25日のことであり、それ以前にプレ期間が設定されていました。
プレ期間中の収益配当の合計は約3億円にも上り、それがオープンのための原資となったのです。

運営にも特徴があり、利用した投資家たちから評判の良かったポイントを集計して事業に活かしています。
一部手数料の無料化や新規の投資家向けに開催されるキャンペーンなど、サービス性に優れていると言えるでしょう。

たとえば世界で初めてアセットバック市場を開設したのは、red cross exchangeと言われています。
実在する資産に価値を担保されたペグ通貨のことを、仮想通貨の世界ではアセットバックトークンと言います。
仮想通貨のブロックチェーン技術を用いて、特定目的会社や信託の代わりに仲介ポジションを担うのです。

アセットバックトークンのメリットとして、価格の安定が挙げられます。
仮想通貨の評価は変動が激しく、レートも常に一定であるわけではありません。
需要と供給のバランスの上で成り立っているため、メジャーな銘柄でも短期間で価格の上昇や下落を起こす場合もあります。

そんなアセットバックトークンに関連して、red cross exchangeは専用市場を用いて銘柄の上場を促そうとしているのです。
上場を果たすためにはいくつかの条件があり、まず技術や開発力があることです。
プロジェクトが進行形で進んでいる、情報発信が透明で公平性が期待できる、などの条件も満たす必要があります。
必要な条件を満たしていれば、申し込み専用ページから申請できるようになります。

またred cross exchangeを利用する投資家は、発行されるトークンのシェア率を高めれば重要な会議に参加できるようになります。
銘柄の上場に関する投票権が与えられるため、トークンを多く保有すると良いでしょう。

red cross exchangeは他の仮想通貨取引所が今まで行わなかったようなことを、積極的に取り組んでいるのです。
価格の安定性が期待できるアセットバック市場に参入すれば、普通の取引では得られない利益が得られるチャンスがあるかもしれません。

坂本よしたかLINE@はこちら

坂本よしたかカテゴリの最新記事