ビットコインどこまであがり続けるのか?

ビットコインどこまであがり続けるのか?

こんにちは!坂本よしたかです。
にわかに注目を集めて、日本でも一気に広まった仮想通貨がビットコインです。
これまで乱高下を続ける相場が話題となっていましたが、どの程度まで上がり続けるのでしょうか。
この点が気になるという人も多いでしょうから、スポットをあててみます。

基本的にビットコインの価値が上がるというのは、発行枚数に上限があるという点からです。
無限に発行されるものではなく、将来的に発行がとまって枚数が固定されるからこそ価値が上がると考えられています。
ただその反面でビットコインの価格が、大きく下がってしまうこともあります。
それにはビットコインが抱える複数の問題があるからです。
特に大きな問題はマイニングが中国に依存している点でしょう。
また仮想通貨という存在そのものが、新しいものであるため各国がどのような扱いにするのかはっきりしていない点もあります。
これまでは何の法による規制もなかったものですから、今後数年は各国ともに扱いを考えていくでしょう。
それによってマイナスになるのか、プラスになるのかが決まってくる部分はあります。
ただ1つの金融商品として認められ、機関投資家が投資に値するものだと考えた時には、価値がものすごく上がる可能性が高いでしょう。
現在のビットコイン市場は、ほぼ個人投資家によるものです。
そのため株式投資やFXなどと比較すると、少ない資金によって相場が大きく影響を受けてしまいます。
そのため多額の資金を持つ機関投資家が参入することで、大きくあり方を変えるかもしれません。

ビットコインの価値は短期で見れば、乱高下を繰り返していくことが予想できます。
ただ長期的に見れば、比較的に安定しているのではという見方をする人も少なくありません。
その理由としては新しい金融資産になると考えられるからです。
いわば金と同じような状況になると予想されています。
その理由としては、上限発行枚数が決まっているためです。
反対にこの金融資産として認められないとなると、大きく暴落していくといっていいでしょう。
各国が決めることなので、ある意味でまったく先が読めないとも言えます。
しかし一定の価値が担保された資産のような状況になるのは、そう難しいことではないでしょう。
そのため無限に価値が上がっていくというわけではありませんが、状況次第では資産として残るだけのポテンシャルがあります。

ビットコインはどこまで上がり続けるのかでした。
短期的に見ると、上がっては下がってを繰り返すものなので、いずれ価格は下がっていくでしょう。
長期的な視野でみると、今後の各国の対応次第では金融資産として長く生き残っていく可能性が高いです。

坂本よしたかLINE@はこちら

坂本よしたかカテゴリの最新記事