意外とニッチな仮想通貨ビットコインゴールドについて徹底解説

意外とニッチな仮想通貨ビットコインゴールドについて徹底解説

【意外とニッチな仮想通貨ビットコインゴールドについて徹底解説】

坂本よしたかです。今日は2017年10月に行われたビットコインのハードフォークで誕生したビットコインゴールドについて語ります。

結構ニッチな通過過ぎて知らない方も多いので勉強になると思います。
最後までついて来てくださいね!

ビットコインゴールドの特徴は?
ビットコインゴールドが日本国内でリリースされたのは2017年11月です。マイニングによって生み出されるのがビットコインの特徴ですが、特定の企業による独占が問題視され始めました。

中央管理者を持たないことが特徴のはずが、大規模なマイナーに決定権を握られることになったということです。

そうなるとビットコインの市場が企業によって左右されることにもなりかねません。

それを防ぐためにハードフォークを行い、生み出されたのがビットコインゴールドです。

ビットコインゴールドは、マイニングのための専用ハードウェアであるASICを利用したマイニングが行えません。

そのため、ビットコインの目指す非中央集権化が実現できると言われています。

ビットコインゴールドは、元がビットコインであるためマイニングに関する仕様以外に大きな違いはないと言われます。

市場での価格は他の仮想通貨同様、ビットコインの値動きに合わせて上下しています。

ただし、マイニングの難易度が下がったことにより、個人レベルでのマイニングが可能というメリットは大きいと考えられます。

とはいえ、技術の進歩によってビットコインゴールドに対応するマイニング専用のハードウェアが誕生する懸念もあります。

そうなった時に、ビットコインゴールドの価値が下がるという見方もあるようです。

現時点でビットコインに対する優位性は、マイニング方法の違いだけとも言えます。

ビットコインゴールドはビットコインと同じ優れた特徴を持つ反面、同じような問題点を抱えているとも言えるでしょう。

取引の処理にかかる時間についてのスケーラビリティ問題もその一つです。

また、リリースされてから日が浅いためセキュリティ対策についての疑念も持たれています。

ただし、ビットコインからハードフォークした通貨ということで、発行数はビットコインと同じです。

そのため、流動性が高く決済には利用しやすい通貨として注目している人も少なくありません。

今後もビットコインの市場に合わせて価格が変動することが予想される通貨でもあります。

ビットコインゴールドは、世界で最も有名な取引所でも扱われています。

国内の大手取引所でも取り扱いが開始されると予想されているので、人気が高まる可能性もあるでしょう。
ですので、今後は動向をウォッチして見てはどうかといったところでしょう。

ちなみに、坂本よしたかは、すぐさま買いという判断はしておりません。

今回の記事は以上になります。

仮想通貨最新情報を知りたい方は、坂本よしたかのメルマガに登録へ
↓↓↓
最新情報を受け取る

ビットコインゴールドカテゴリの最新記事