坂本よしたか仮想通貨アプリまとめ

坂本よしたか仮想通貨アプリまとめ

Blockfolioについて

こんにちは!坂本よしたかです。
仮想通貨だけではなく、投資をする時は分散するのが基本です。そのため仮想通貨も、様々なコインに投資をする人は少なくありません。しかし、資産の管理をするのは大変なことです。そこでお勧めしたいのが、Blockfolioになります。

Blockfolioはスマートフォンで利用できるアプリです。保有する仮想通貨資産を管理するためのもので、ポートフィリオも自動的に作成してくれます。あちらこちらに投資をしている人にとっては、とても便利なアプリではないでしょうか。ちなみに無料で使える上に、AndroidとiPhoneのどちらでも利用が可能です。ダウンロードをして起動すれば使えますが、日本人向けのセッティングとして円表示に切り替えてください。やり方はトップ画面の右上にある、メニューボタンをタップしてセッティングを表示させましょう。その後カレンシーセッティングの項目をタップして、JPYを選択してセーブで確定するだけです。これで日本円での価格表示ができます。ちなみに海外製のアプリになるので、取引所は海外のものしか対応していません。国内の取引所を利用しているのなら、初期設定のままで大丈夫です。他にも資産状況の推移や、仮想通貨に関連するニュースが見られます。ただし、ニュースは英語のみになるので、その点は注意しておいてください。

Blockfolioで表示できるのは、保有している仮想通貨の総資産、現在価格、利益や損失などで、一目でわかるようになっています。さらに、あらかじめ設定しておくと価格アラートが反応しますので、取引をする時にも便利です。Blockfolioでは、少し特殊な記号も使われているので紹介しておきます。
MMという単位がありますが、これは100万を意味します。日本では馴染みが薄い単語でしょう。ただ、使っている内になれてくるはずです。またBlockfolioを使う上の注意点も紹介しておきましょう。仮想通貨は世界的にユーザーがいます。そのためBlockfolioを使っているのも、日本人だけではありません。利用者が増えているためか、Blockfolioのサーバーがダウンすることもあるのです。また表示そのものが重くなることもあるので、覚えておくといいでしょう。突然データが表示されなくなることもありますが、この場合は復旧を待ってください。アプリそのものが、不具合を起こしているわけではありません。

仮想通貨資産を管理する代表的なアプリがBlockfolioです。見やすく、使いやすいことから、とても人気があります。

ただ利用者が多いことで、サーバーがダウンしたり、重くなることもあるのを覚えておきましょう。

CoinStatsについて

こんにちは!坂本よしたかです。更新します。
仮想通貨に投資する上で必要なのが、資産管理のためのアプリでしょう。
特に複数の通貨に投資をするのなら、いつでも確認できるアプリが大変便利です。
ここでは人気のCoinStatsについて、紹介をしていきます。

仮想通貨の資産管理アプリとして、CoinStatsはマイナーのものだと言えるでしょう。
ただ、後発であるアプリだけに、便利な機能がそろっているため利用するユーザーが増えています。
特に日本人として便利なのが、日本語や日本円表示ができる点にあります。
CoinStatsの特徴はCoinmarketcapと連携しているところです。
Coinmarketcapとは、海外にある仮想通貨の時価総額ランキングを発表しているサイトになります。
このサイトと連携をしているため、時価総額を簡単に知ることができるのです。
仮想通貨に投資をする上で、市場の価格だけで決めるのは良くありません。
なぜなら、どのくらいお金集まっているのかわからないからです。
しかし時価総額を見ておけば、どの程度のお金を集めているのかがはっきりとわかります。
現在仮想通貨は1500種類以上あるとも言われていますが、CoinStatsなら1000位台の通貨でもチャートを確認可能です。
そのため日本国内ではマイナーな通貨でも登録ができるので、草コインに投資をしたい人にもお勧めできます。

さらに便利なのがお気に入りの機能です。
他のアプリでは、お気に入り機能があっても保有している通貨と一緒に表示されてしまいます。
しかしCoinStatsならお気に入りの通貨だけが表示できるので、大変便利です。
今後投資をしようか迷っている通貨を、とりあえずお気に入りにいれておくといった使い方もできます。
他にも保有している通貨の比率を、円グラフで表示する機能もあります。
一目で自分のポートフィリオが直感的に把握できるでしょう。

CoinStatsを使う上で注意したい点が2つあります。
1つは海外のアプリなので、初期は英語表示なことです。
ただしアプリの設定画面から言語を日本語にすれば、日本語での表示ができます。
もう1つは管理する資産の総額が5000ドルを超えると、無料では使えなくなる点です。
有料プランへと切り替えをしなくては、使い続けることができません。
料金は1年分なら3300円、1ヶ月ごとなら550円です。
有料に見合うだけの機能があるアプリなので、コストパフォーマンスは悪くありません。

CoinStatsは仮想通貨のポートフィリオ確認アプリです。
海外で有名なCoinmarketcapとも連携をしていて、とても使い勝手良いと評判になっています。

Cryptofolioについて

>

こんにちは!坂本よしたかです。更新します。
仮想通貨に投資をする上で大変なのが、どの通貨にどのくらいの投資をしたのかでしょう。
投資を始めたばかりの人でない限り、複数の通貨に投資をするのが当たり前だからです。
そうした仮想通貨の管理を便利にしてくれるのが、Cryptofolioというツールになります。

Cryptofolioは仮想通貨の資産管理をしてくれるアプリです。
少し前まではiPhone版のみでしたが、Androidでも利用が可能になりました。
もともと仮想通貨の資産管理は、別のアプリが有名でしたが、残念なことに日本語対応していませんでした。
しかしCryptofolioでは日本語に対応していて、国内の取引所にも対応しているのがポイントです。
いわば、日本人向けの仮想通貨資産管理アプリだと言えます。

使い方としても簡単です。
アプリをダウンロードして起動した後に、トップ画面の右上にあるプラスボタンをタップしてください。
すると、資産管理する仮想通貨を管理する画面がでてきますので、自分が投資をしたものを選びましょう。
ちなみに、どの通貨で購入をしたのかも選べますので、海外の取引所を利用した場合はBTCを選ぶといいです。
他にも資産を購入した取引所も登録ができます。
あとは購入価格と、保有している枚数を入力し終われば、右上にある保存をタップして終了です。

登録が終われば、トップ画面に保有しているコインと、価格が表示されます。
24時間でどのくらい価格が変動したのかも表示されますから、とても便利なアプリだと言えます。
他にも資産推移というボタンをタップできれば、1日から1年までのスパンで価格の変動履歴を確認できるのも便利です。
さらに保有資産の通貨をタップすれば、チャートの確認もできます。
チャートの足の期間も変更できますから、出先で相場の動きを確認するのにも役立つでしょう。
トップ画面の下にあるクリプトフォリオをタップすれば、保有資産のポートフィリオも確認可能です。
円グラフで保有資産を表示してくれますから、直感的にわかります。
仮想通貨の市況がわかるように、ニュース機能もついていますから、使わない理由はありません。
資産管理アプリを探しているのなら、第一候補にしてもいいでしょう。
1つの通貨にして投資をしないのなら、特に必要ないかもしれません。
しかし、本格的に仮想通貨に投資をするなら、必須のアプリです。

Cryptofolioは仮想通貨の資産管理をするアプリです。
日本語と国内の取引所にも対応しているため、日本人向けのアプリだと言えるでしょう。
完成度も高く、使い勝手良いのでお勧めできます。

坂本よしたかの仮想通貨情報はメルマガへ
仮想通貨最新情報を集める

坂本よしたかカテゴリの最新記事