坂本よしたかの仮想通貨の天国と地獄を読んでみた②

坂本よしたかさんの仮想通貨の本を購入させていただいて、仕事の合間、仕事終わりに読むのが本当に楽しみになっています。

その本のタイトルは「仮想通貨の天国と地獄 資金を倍増させる5つのキーワード」

まだ、最初しか読んでないので5つのキーワードの1つもわかりませんが、まえがきを読んで早くも興奮を隠せないです。私は何もわからない状態で仮想通貨の世界に飛び込みました。そして、何もわからないままに少しだけ利益をあげて調子に乗っていました。(本当に少しだけです。5万ほどビットコインとイーサリアムに手を出して5000円ほど儲けました)

少しではありますが、利益をあげれたことに調子に乗るとともに、しっかり学べばさらに稼げるのではないかと思い、この「仮想通貨の天国と地獄 資金を倍増させる5つのキーワード」を手に取りました。

しっかり読んで仮想通貨を極めていこうと思います!

まずは基礎からの勉強の始まりです。

やはり基礎がなってないと何事もうまくいきませんからね。

「仮想通貨入門編」ここからこの本が始まります。いやー丁寧でいいですねー なんだかんだ言って仮想通貨ってなに?ってことがわかってないかも知れないので。

まさに、仮想通貨って一体何?というタイトルスタート!「仮想通貨とは普段私たちが使っている実体のある紙幣(法定通貨)などのお金ではなく、実体を持たない暗号化されたデータで、海外などでは暗号通貨と呼ばれるものです。日本では、一般のニュースなどにより仮想通貨という名称が定着しました。

2017年の4月には仮想通貨法という法令が施行され、円やドルなどの法定通貨(国が発行している国が認めたお金)との交換が可能になりました。」

ふむふむ。この辺りは理解してる!つもりでしたが、やはり再確認という意味ではめちゃ丁寧にかいていただいているのでありがたい!

「ただし、定義として電子的に記録されていて移転でき、法定通貨やプリペイドカードなどの法定通貨だての資産でない条件を満たすものが仮想通貨となります。」

定義を説明しろと言われたら自信がないかも、、、と思っていましたが、これで大丈夫!かな笑

なんども繰り返し覚えるのが私流です。

「特徴としては、銀行などの金融機関を通さずに24時間年中無休で決済や送金が可能で、送金や支払いなどもQRコードを読み取るだけで、簡単に素早く済ませることができます。」

そうなんです、ここが仮想通貨に魅力を感じた一つの要素なのですが、銀行も便利なのですが、仮想通貨は未来の便利さをもっているそんな印象を受けた記憶があります。

とは言っても、大きく稼ぎたいと思ったのが、やはり一番なのですが、、、笑

でも、そのように未来に可能性があるものが稼げる!という点では大事なのかなと、、思っています。

坂本よしたかさんは続けて仮想通貨の未来性、便利さを教えてくれます。

「例えば、日本国内で銀行送金の場合(他行宛ての送金)、都市銀行だと窓口で864円、ATMキャッシュカードで432円(みずほ銀行など)、ネット銀行で258円(楽天銀行)がかかります。日本から海外への銀行送金の場合、都市銀行なら8000円(みずほ銀行は登録先に限る)、ネット銀行なら4750円(楽天銀行シミュレーション)という結構高い送金手数料が必要となってきます。」

そうそう、送金にかかる手数料って意外と高いよなーと常日頃から思ってました。海外に送金することは機会ないですが、そんなにするんだ!と驚きを隠しれません。。。

(私のお昼代の何日分なんだろう、、、考えるのをやめました笑)

驚くのが次の内容です。こんな結構高いなーと思っていた手数料が仮想通貨ならどれくらいで送金できるのか?ある程度安いんだろうなーとは想像できましたが、想像以上とは、このことでした!「しかし、仮想通貨であるビットコインなどで送金すると、日本から海外へ送金しようとした場合、国・国籍関係なしに無料、もしくは数百円という安い値段で送金することが可能なのです。」

え!通常送金と違いがありすぎて開いた口が塞がりません笑

どんだけすごいんだ!仮想通貨!これはビックチャンスを感じざるを得ません。さらにこう語ってくれています。

「さらに、投資に関してもいつでも売買が可能です。ですが、法定通貨のように国が価値を保証しているわけではないので、それぞれの仮想通貨の価値や信頼により相場の価格が成立している通過となります。」

なるほどーーつまりは、、、便利!ということか!そして、稼げる時間が年中無休ってことでしょ!

(めっちゃ楽観的笑)

でも、多分そういうこと!

そして、今回の入門編もしっかりとまとめてくれています。

いやーー至れり尽くせりとはこのことですね。ホクホク気分です。

仮想通貨のまとめ

・紙幣としては実在しないネットのデータ上に存在する通貨

・銀行などの金融機関を介さずお金の移動が可能

・送金手数料がとにかく安い(←これは本当に安い!)

・国が仮想通貨の価値を保証しているわけではないので、仮想通貨の相場(価値)は常に変動する

知っているようで知らなかった、忘れてたことが再確認できて本当に良かったです。

やはり、基本的なことがわかってないと何にも始まらないですからね。

なんとなくで、大きく稼げるとは思っていません。

なんとなくで、参入した私が言うのもなんですが笑(なので坂本先生の本でしっかり勉強します!)

「仮想通貨の代表的なコインといえばビットコインですが、他にもイーサリアムやリップルなどの多数の仮想通貨が増え続けています。

仮想通貨のチャートを配信しているコインキャップによると、2018年1月上旬時点の仮想通貨は1067種類。2017年1月下旬には、700種類でしたので、約1年で約300種類以上は確実に増えたことになります。」

この事実がすごい!と驚愕しています。

この時点で1067種類以上!であると今はもっとってことですよね。

しかも、その1つ1つに億万長者の夢が詰まっていると言っても過言ではないとなると、、むふふ。。。

仮想通貨に向き合うのが楽しくてしょうがないです。

増え続けているということはそれだけ仮想通貨が色々な人から注目されている証拠ですね!

この勢いに絶対に乗っていこうと思います。

「基本的に、ビットコイン以外の仮想通貨はアルトコインとまとめられて呼ばれます。例えば、三菱UFJ銀行はMUFGコイン、SBIホールディングスはSコインなどが存在しています。どの金融機関も、この先に控えている2020年東京オリンピックでの仮想通貨の利用を見据えて発行しているのではないかと思われており、特に日本では仮想通貨の市場はこれからまだまだ加熱していくことでしょう。」

ということは銀行も仮想通貨に目を向けざるを得ない状況ということですね。

いよいよ仮想通貨の時代がきていると思うしかない状況です。しかも、まだまだ、仮想通貨は一般には馴染みがない状態だと私は思っています。なので、私は何度でも言います!ビックチャンス到来!ありがとう!坂本よしたか先生!

ありがとう!仮想通貨に出会った私!と、入門編でこんなに興奮している私ですが、この後の内容もしっかり脳に叩き込んでいこうと思います。

静かな場所で、心を落ち着かせて読み進めていきます、、、、

クーーーー冷静でいられる自信がないです笑

とりあえずの頭の中の未来図がキラキラ輝いいます。

仮想通貨で自由な未来を勝ち取るぞ!!!!明日も仕事頑張ります!笑__